KOBE
ソーシャルビジネス
スタートアップ支援プログラム

起業前のテストマーケティングで使える準備金

特徴

現状においてはソーシャルビジネスの担い手はあまり多くありません。その理由はソーシャルビジネスによる起業の環境が十分に整備されていないことがあげられます。

当支援プログラムは、神戸という地域性を活かしたソーシャルビジネスによる起業を促進することを目的に行います。

  1. 社会経験豊富な40代を中心に起業を後押しします。
    日本政策金融公庫の『2010年度新規開業実態調査』によると、起業の平均年齢は42.6歳です。
  2. テストマーケティングによるアイディアのリサーチを支援
    ソーシャルビジネスはすぐに収益化できるものではないため、事前に十分な助走期間を設けるべきだと考えます。
  3. メンターや専門家によるアドバイス・セミナーでサポート
    準備金を提供するだけではなく、リサーチ・プラニング・テストを側面からサポートします。

支援内容

事業期間(2012年7月~2013年3月)における準備金の提供

リサーチ・プラニング・テストなど事業期間に必要な資金10万円(予定)を提供します。ミーティング・セミナー開催時の飲食、申請者や構成員の人件費に関するものは対象外経費とします。

合同セミナー

ソーシャルビジネスのアイディアを事業化するために必要なリサーチ・プラニング・テストを学ぶ合同研修会を開催します。

メンターや専門家によるプラニングサポートミーティング

類似のサービスを展開する先輩社会起業家(メンター)や、ソーシャルビジネス、中間支援、金融などの専門家がプラニングをサポートします。また、必要に応じて、神戸市が開催する「神戸ソーシャルビジネス円卓会議」の委員から定期的にアドバイスを受けられることとします。

NPOや行政などとのコーディネート

事業期間中は、現場を持つNPOや施策を担当する行政などからヒアリングする機会をコーディネーターが提供し、プラニングを強化します。

応募方法

条件

以下の条件をすべて満たすものとします。

  • 1つ以上の会社や団体で継続的に3 年以上勤務(インターンを含み、ボランティアは含まない)した経験を持つ個人、およびそのような構成員が主であるグループ。また、すでに事業を実施している団体が新しくソーシャルビジネスに取り組む場合も対象とします。
  • 神戸市内を活動拠点とする活動…申請者の居住区は神戸市外であっても、活動拠点が神戸市内であれば対象とします。
  • 将来的にアイディアを事業化すること…調査研究のみを目的とする事業は対象となりません。
  • 合同セミナー・プラニングサポートミーティング・報告会に参加していただくこと

募集期間

2012年4月3日火曜日~5月31日木曜日募集は終了しました。たくさんのご申請、ありがとうございます。

流れ

  1. 書類審査
  2. 審査会(プレゼン+ ヒアリング審査)

詳細

以下の要項および申請書をダウンロードしてください。

事前説明会(ワークショップ)

当支援プログラムの申請書の書き方から事業計画をたてる際のポイントまで。申請者の方は参加するようにしてください。

  • 日時
    2012年5月19日土曜日 14時から16時終了しました。
  • 講師
    川中大輔氏(シチズンシップ共育企画)
  • 対象者
    申請予定者
  • 参加費
    無料
  • 会場
    神戸市勤労会館 会議室307号(兵庫県神戸市中央区雲井通5-3-1)
  • 定員
    20名(定員になり次第〆切ります)

お申し込み

下記の内容についてファックス(078-735-0164)もしくはE-mail(sb_startup@123kobe.com)をお送りください。

  • 氏名(ふりがな)
  • 年齢
  • 電話番号
  • E-mail

ご関心がある分野を次からお選びください。
医療福祉・まちづくり・教育芸術・災害救援・国際協力・男女共同参画・情報科学技術・職業雇用・消費者保護・中間支援

お問い合わせ

特定非営利活動法人しゃらく

  • 住所
    〒654-0055 神戸市須磨区須磨浦通4-4-6 須磨浦ビル204号室
  • 電話
    078-735-0163
  • FAX
    078-735-0164
  • E-mail
    sb_startup@123kobe.com

当支援プログラムは、神戸市から平成23年度地域づくり活動支援事業市町モデル事業を受託して、NPO法人しゃらくが実施しています。