最終更新日:2011年3月27日
空飛ぶ車椅子

―すべての方に旅行の楽しみを、そして神戸の楽しみを―


観光サポート「空飛ぶ車椅子」とは?

 空飛ぶ絨毯のように自由自在にどこへでも行けたら・・・。そんな思いからこの名前を付けました。空飛ぶ絨毯のように、車椅子が魔法の道具となってご主人様をいつでも・どこへでも連れて行ってくれる。そんなステキなことが神戸で実現できることを目指しています。

 私たちは一生を同じ状態で過ごすことは出来ません。子供を乗せてベビーカートを使ったり、怪我で車椅子を使ったり。それでも趣味・趣向は簡単には変わりません。一生涯いつ訪れても楽しめる都市でありたい、と空飛ぶ車椅子は神戸をユニバーサル観光都市にすることを目指しています。

企画提案者:門間由記子

「空飛ぶ車椅子」を活用するメリット

 現在一般的に利用されているバリアフリーツアーでは、多くの場合、参加者自らが介助者を探し、かつ居住地より介助者を同行し、介助者分の旅行代金も負担しなくてなりません。

 と言うことは本人に加え2倍以上の旅行代金が必要であり、経済的な負担が非常に大きいのが現状です。

 ところが実情は、JR・私鉄各社・航空各社で乗降時の介助を行っており、道中では何の介助も必要としない方もいらっしゃるのです。そう言った方は介助者を同行する必要はなく、下車駅で介助者が待っていれば道中の交通費は1人分で済むわけです。

 また宿泊介助を必要としない場合には、勿論、同行介助者の宿泊費等も不要になります。

 このように現地・神戸で必要なポイント介助だけを利用することができれば、経済的負担も軽くなり、宿泊介助者を気にせず、プライベートの保たれたご夫婦・ご家族での旅行も可能になります。

 また、現地神戸の情報は、神戸で生活をしている私たちが、日頃見聞きしている情報に加え、実際に調べた情報を提供している訳ですから、安心・確実です。神戸のことは、豊富な情報を持つ「空飛ぶ車椅子」にお任せいただき、安心して観光を楽しんでいただけます。

活動履歴

2001年 4月 設立
第1次バリアフリー調査開始
第1次バリアフリーマップ作成
第1回アテンダント講習会実施
インフィオラータ神戸にて観光イベントを実施
7月 第2回アテンダント講習会実施
神戸祭にて観光イベントを実施
8月 “喫茶赤とんぼ”との共同観光イベントを実施
2002年 2月 第2次バリアフリー調査開始
第2次バリアフリーマップ作成開始(ホームページにて公開開始)
3月 (バリアフリーマップ)冊子版作成開始
4月 第3回アテンダント講習会実施
5月 バリアフリーマップ完成、同時にバリアフリー情報をホームページでも公開
6月 バリアフリーマップ配布、新聞掲載
7月 エレガントマナー講座実施
9月 バリアフリー調査実施(北野周辺)
11月 バリアフリー調査実施(六甲周辺)
12月 ルミナリエサポート実施
2003年 6月 団体観光サポート実施
2004年 7月 活動休止

観光サポート「空飛ぶ車椅子」