事実を知り真実を悟る学びの旅

主な作業内容(古民家再生バスツアー)

今シーズンの古民家再生バスツアーでは、
以下のような作業を予定しています。

作業を通じて、参加者のみなさんには、
スコップ・工具の基本的な使い方炊き出しの方法など、
実際にやりながら体で覚えていただきます。

1.古民家再生作業

被災した母屋や敷地内設備の再生を行い、
尾ノ崎地区の新しい交流拠点を作り上げる作業です。

①母屋の補修

  • 初年度の参加者に手づくりしていただいた雨戸の補修
  • 津波で破壊された土壁の補修
  • 被災前にあった障子に代わる、屋内の戸の設置 など

10

②納屋の整備

  • 被災によって傷んだ壁の補修
  • これまでの参加者に書いていただいた
    応援メッセージ板の貼り出し
  • 将来、地域の産業としていくハマナス加工の
    作業場設営(下記参照)

11

③簡易シャワー小屋の設営

古民家を訪問する人たちや、復旧工事の作業員さんたちに、
リフレッシュしてもらうための設備になります。

④家屋内の片付け、敷地内の清掃 など

 

2.炊き出し作業

参加者の食事をまかなうために、
古民家の庭で炊き出しを行います。

「自分たちの食べるものを調理する」という
裏方の作業にはなりますが、
災害が起こった時に必ず報じられる
「炊き出し」に近い活動を体験できる機会でもあります。

設備や調理器具が十分に整っていない環境の中で、
何十人分の食事を準備するのはなかなか大変ですが、
この機会に現場を体感し、
おおよその方法と感覚をつかんでいただければと思います。

13

 

3.漁業作業や集落の整備など、地域のお手伝い

4.仮設住宅団地の訪問・見学

 

※活動内容は現地のニーズと作業の進捗状況に応じて決定します。
 上記の作業が入らなかったり、
ちがった内容が急に入ってくる場合もあります。

 その点は事前にご了解ください。

 

【古民家再生バスツアー トップページに戻る】