事実を知り真実を悟る学びの旅

主な作業内容(古民家再生バスツアー)

今シーズンの古民家再生バスツアーでは、
以下のような作業を予定しています。

1.古民家再生作業

被災した古民家の敷地内を整備し、
尾ノ崎地区の新しい交流拠点づくりを手助けする作業です。

①母屋の補修と整備

石巻市の手による本格的な保存事業を見越して、
今年はツアーの活動として母屋の補修を行うことは控えます。

一般ボランティアが手を加えることで
専門技術に基づく本格的な修復作業の妨げにならないようにするためです。

②敷地内の整備

  • 納屋と蔵の整備
    s6-naya
  • 炊事場と簡易排水設備の整備
  • これまでの参加者に書いていただいた
    応援メッセージ板の貼り出し
    写真:ボランティアのメッセージ
  • 裏山にあるビニルハウスの整備
    (津波シェルターとして地域で活用してもらうため) など
    s6-house

2.漁業作業や集落の整備など、地域のお手伝い

尾ノ崎地区の大切な産業である牡蠣の養殖には
肉体的にもハードな作業が数多く含まれます。

これらを一人で黙々とこなされている
年配の漁師さんもおられます。

ツアーがお邪魔するタイミングで少しでもお役に立てることがあれば、
お手伝いします。

s6-yoshoku

また、地域の漁師さんたちは
冷え込む季節も薪ストーブで暖をとりつつ
養殖作業に従事されています。

そんな地域の漁師さんたちに少しでも喜んでもらえるよう
山の間伐などで得られた木材を薪にして
お配りしたいと考えています。

ツアー参加者のみなさんには、
古民家オーナーが間伐された木材を薪にする作業、
つまり「まき割り」をお手伝いいただきます。
(チェーンソーを使った危険な作業は一切ありません)

s6-maki

 

※活動内容は現地のニーズと作業の進捗状況に応じて決定します。
 上記の作業が入らなかったり、
ちがった内容が急に入ってくる場合もあります。

 その点は事前にご了解ください。

 

【古民家再生バスツアー トップページに戻る】