事実を知り真実を悟る学びの旅

よくある質問(古民家再生バスツアー)

Q: NPOがボランティアバスを出すのは
違法だという報道を見たのですが、大丈夫ですか?

A: 当社のツアーは旅行業法に違反するものではありません。

NPOに限らずどんな団体でも、
都道府県に旅行業者としての登録をせずツアーの募集を行った場合は、
旅行業違反に当たることがあります。

当社はNPO法人ですが、
兵庫県庁に登録している旅行業者です(兵庫県知事登録旅行業第2-628)
安心してご参加ください。

 

Q: 一人での参加を考えていますが、他にも同じような方はいますか?

A: たくさんいらっしゃいます。

このツアーに参加される方の大半は、男女を問わず、お一人でのご参加です。
また、ボランティア経験のない方がほとんどです。

お一人でのご参加には何かと不安や戸惑いがあると思いますが、
あんまりご心配には及びません。

 

Q: 人見知りなので、他の参加者となじめるか不安なのですが?

A: これまでに多くの方が、その不安を安心とよろこびに変えてこられました。

行きのバスの中で簡単な自己紹介をしていただく時間を設けていますが
、「私、人見知りで…」というお声は本当にたくさん上がります。
知らない人たちと一緒に4日間のツアーに臨まれるわけですから、
その不安は自然なものだと思います。

しかしそういう方も、現地での滞在中に
見る見る表情が変わっていかれます。

そして帰りの車内では、ほんの2日前まで知らなかった方同士が、
わいわいおしゃべりされています。

ツアー後も一緒に食事に行ったり、独自の支援活動を一緒に企画したりと、
新しくできた仲間とのつながりを
人生の新しいよろこびに変えてこられた方がたくさんいらっしゃいます。

人見知りだという方も、どうぞ思い切っていらしてみてください。
初めての方と出会う不安やしんどさをできるだけ軽くできるよう、
添乗員もお手伝いします。

 

Q: 現地でお風呂には入れますか?

A: お風呂はありませんが、体をふくことはできます。

ツアー2日目は活動場所の古民家に宿泊しますが、
入浴の設備はありません。

山から湧き出した水を引いている簡易水道がありますので、
タオルを使って体をふいていただくことはできます。

また、今シーズンは滞在者向けの簡易シャワー小屋を作る作業を予定しています。
その設備が完成次第、シャワーで汗を流すことができるようになります。

ツアー3日目の日曜日、現地を出発する前には、
日帰り入浴施設(道の駅上品の郷 ふたごの湯)にご案内しますので、
体を延ばして温泉に入っていただくことができます。

 

Q: 現地での食事はどうなるのですか?

A: 災害時を想定した炊き出しを行います。

尾ノ崎地区には飲食店をはじめ、お店自体がありません。
現地での食事は、古民家の庭で炊き出しを行います。
食材はご用意しますので、ぜひお手伝いください。

簡単な献立にはなりますが、
災害時等に行われている炊き出しがどのようなものか、
実際に体験できます。

現地への行き帰りの食事は、
高速道路のサービスエリア等でお取りいただきます
(その分の食事代金は各自ご負担ください)

 

Q: 体力に自信がありませんが、大丈夫でしょうか?

A: 大丈夫です。

現地での活動には、体力的にハードなお手伝いが入ってくることもあります。

しかしこのツアーでは、作業をはじめすべての活動を
強制することは一切ありません
(お疲れのときは自由に休憩いただいてもかまいません)。

往復は夜行バス内での車中泊となりますが、
それさえ大丈夫な方でしたら、十分ご参加いただけます。

 

Q: 被災地ツアーを「楽しんで」しまってもいいの?

A: 目いっぱい楽しんでください。

震災発生以降、たくさんの方々がボランティアとして被災地を訪れました。
しかし、近い将来、ボランティア作業が完全になくなった時
(現在の宮城県もそれに近い状態です)、
訪れる人のなくなる地域も出てきます。

それで被災地は元気を取り戻すでしょうか。

用がなくなれば来なくなるのではなく、この先いつまでも気にかけ、
「応援し続けたい!」という思いを持って
訪れ続ける人を増やすことが、このツアーの役割です。

「楽しかった!」と思い起こせる場所だからこそ、
「また行きたい」という気持ちが生まれます。

 

【古民家再生バスツアー トップページに戻る】