事実を知り真実を悟る学びの旅

社会学校とは

事実と真実の違いとは何でしょうか。

私たちが住む日本社会・地球社会には様々な課題・問題があります。

また、この瞬間にもどこかの社会で様々な課題が生まれ、その現実と向かい合いながら生活している人たちがいます。

そのような課題を、私たちはテレビ・新聞・インターネット・ソーシャルメディアなど様々な情報媒体を通じて知ることができます。

ただ、情報を得る側の私たちは、各種メディアの伝える内容をそのまま世の中のありのままの姿だと認識してしまっていないでしょうか。

残念ながら、私たちが知り得る情報の多くは、現場で起きている事実は伝えていても、その匂いや、そこに住む人々の想い、課題の裏側までは伝えきれていません。

「百聞は一見にしかず」という言葉があります。

社会学校とは、情報を得た上で実際に現場に足を運び、参加者自身が自らの目で見、聞き、感じる場です。ツアーを開催するにあたり、私たちが各課題の解決策について「賛成・反対」を押し付けることはありません。それぞれの参加者に、それぞれの真実を見出していただくことが、この社会学校の目的です。

NPO法人しゃらく 代表理事 小倉譲

実施団体について

社会学校のツアープログラムは、NPO法人しゃらくが企画・実施しています。

NPO法人しゃらくは、第2種旅行業者として都道府県知事登録を行っている団体です。(兵庫県知事登録旅行業第2-628)

全てのツアープログラムは、旅行業法に則り、実施致します。

プログラム参加者にお願いすること

社会学校のプログラム参加者には、参加した感想を文章にまとめていただくようお願いします。各々の考えを、ホームページ上で公表します。(個人名は伏せます)