質的拡大を目指すために


これが最後のスライドです。

そのためには、当然ながら人材の話、それから資金の話、そして社会としてどういう理解、そして一人一人が参加をすべきなのかといった話が出てくると思います。人材においては教育の話、先ほどからも戦略という話が出てきましたけれども、どういうマネジメントを教育していくことが必要なのだろうか。

そして資金面においては、これはAlexのほうからお話が出てくると思います。社会的なファイナンスをどのようにしていけばよいのだろうか。そしてそれを融合・連携させて、このソーシャルビジネスの組織自体がどう成長していったらよいのか、Paulからお話が出ると思います。

私のほうからはまだざっとイントロダクションということで日本の現状をお話させていただきました。これからどんどん詳しく、そして深く議論していきたいと思います。まずはここで私の話は区切らせていただきます。ありがとうございました。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です