NPO法人しゃらく

しゃらく旅倶楽部

~しゃらくでは、あなたの旅を応援します~

ローマ・フィレンツェ・ピサの斜塔への8日間の旅

 

写真:イタリアの朝

はじめての飛行機

はじめてのパスポート

はじめての海外旅行。

80代のお客様のローマ・フィレンツェ・ピサの斜塔と旅行に行ってきました。今回の旅行は、出来るだけお客様のお体の負担を減らすために、飛行機はビジネスクラスを利用し、現地でもワンボックスの車を手配。行程も、朝はゆっくり出発し夕方4時にはホテルに戻り休憩後に夕食を入れる、お客様の体力と相談しながらいつでも変更できるプランで旅行に行ってきました。

旅行まで、パスポート作成から荷造りまでしゃらく旅倶楽部でお手伝い。全てが初めてなだけに、旅行前から買い出し等ドタバタと致しました。

出発日当日、朝8時30分にご自宅にお伺いすると、「いよいよだね~」っと抱き着いてきたお客様、20年以上も前からフィレンツェへの思い、芸術を見たいという情熱を持っていました。が、なかなか機会に恵まれず、この日やっと実現のためのアクションを起こすことに。

一時間ほど車を走らせると、関西国際空港に到着。ユーロは日本で換金した方がレートがいいので、換金等の手続きを終わらせ早速チェックイン。ビジネスラウンジで簡単な昼食を食べ、いざ12時間のフライトに搭乗しました。

初めての飛行機だけに、常時興奮気味。遠く見える富士山に感動しながら、遅い昼食後は就寝です。シャルル・ド・ゴール空港でローマ行きに乗り換え、現地時間の夜10時過ぎにホテルに到着。

日本時間の朝の7時。待ち時間も含めた総移動時間は21時間にもなり、時差の関係もあってお客様はかなりお疲れでした。

写真:サン・ピエトロ大聖堂

1日目ローマ、バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂から始まり、コロッセオ、ボルゲーゼ美術館に訪問。特に、芸術好きなお客様だけに、美術館では悲鳴に近い喜びの声を上げておられました。

機内食は「おもちゃのような食事」とおっしゃっていたので、夜は魚が食べたいと。イタリア風の魚料理を食べに行きました。

写真:ユーロスター

2日目は、ローマテルミニ駅からフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅にユーロスターで向かいます。お昼ご飯に日本食を頂き、ゆっくり体調を整えて頂く1日に。

写真:美術館での一幕

3日目は、ヴィッキオ橋から始まり、ウフィツィ美術館、ヴェッキオ宮殿、ドゥオモ付属美術館、洗礼堂と盛りだくさん。

「私、もうフィレンツェに住みたい!」っと。

写真:ダビデ像

4日目は、アカデミア美術館、メディチ家礼拝堂、ミケランジェロ広場に行った後は、2時間中心街でお買い物を楽しまれました。

写真:ピザの斜塔

5日目は、サンマルコ修道院、サンタマリアノヴェッラ教会、ピサの斜塔に行ってきました。

何百年も前の芸術をガイドの説明に耳を傾けるお客様は、時に涙を流しながら聞き入り、その色彩などを楽しんでおられました。

写真:イタリアの街を見下ろす

行きたいけど、行けないと思っていなかった。でも、しゃらくさんに出会えたから行けた。そんなこと帰りの飛行機の中でお客様が言ってくださった時、添乗をさせて頂いた私としても、何よりも嬉しく思いました。

現地のバリアフリー状況は、一部を除いてバリアフリートイレも整備され(一部便座なし)、エレベーターも車いすの乗れない所もありましたが、整備されていました。ただ、古い町だけに、石畳の道であるため、車いす移動となると前輪がひっかかる等のリスクはありました。

さて、今回の旅行で自信のついたお客様。
なんと、また帰国前にヨーロッパ旅行をオーダーを頂きました。
非日常だからこそ感じられる新しい自分に出会いに、また旅行に行きましょう。

時期:2016年1月16日~23日の8日間

添乗:1名 小倉譲 /現地:日本人通訳及びガイド 各地にて1名。

移動:飛行機ビジネスクラス/現地 ワンボックスカー手配 /ユーロスター

このページの先頭へ