NPO法人しゃらく

しゃらく旅倶楽部

~しゃらくでは、あなたの旅を応援します~

須磨海浜水族園へ

ご一緒させていただくのが今回で3度目となるご夫婦と、須磨海浜水族園へ行ってきました。高次脳機能障害をおもちで、言葉や表情がやや出にくい奥様でしたが、これまでのお出かけ中の反応から動物がお好きなことがうかがえましたので、この場所を選びました。

施設を出発してから約30分で須磨海浜水族園に到着です。入場後すぐに目に入ってきたのは、Xmasが近いということで、トナカイの着ぐるみをかぶっての写真撮影コーナー。ご主人が張り切ってかぶりものを装着。奥様と素敵なツーショットが撮れました。

次は、ウミガメを見に行きました。間近で見るウミガメの大きさに、奥様もびっくり。

写真:ウミガメの水槽とお二人

須磨の水族館といえば、やっぱりイルカショー。真ん中の特等席から観覧します。屋外のためやや冷えましたが、迫力満点のイルカのジャンプには大興奮でした。

写真:須磨水族館のイルカショー

イルカショーを観覧した後は、ふれあい体験コーナーに向かいました。「イルカにタッチ」のコーナーでは、背の低い水槽から手を伸ばしてイルカに触れることができます。車椅子の奥様でも問題なく参加できました。手指を消毒し、水槽の横に待機。

ふと、横を見ると、奥様の冷えてしまった手をしっかり握っておられるご主人の姿がありました。心がとても温かくなりました。

写真:イルカにタッチコーナーの前でそっと手をつなぐお二人

いよいよイルカの登場です。イルカのひれにタッチ!ご主人のサポートもあり、しっかりと触れることができました。

写真:車いすに乗ったままでもイルカにタッチできました!

続いてペンギンの餌やりも楽しまれました。

少し寒い日のお出かけでしたが、奥様に対するご主人のサポートで、お付添いの私たちも温かい気持ちになった旅でした。また、次のお出かけもご一緒させてください。

このページの先頭へ