NPO法人しゃらく

しゃらく旅倶楽部

~しゃらくでは、あなたの旅を応援します~

金子みすず記念館に行こう!

昨年の長崎ツアーに続いて2回目となるOさん。今回は山口県長門市に1泊2日で行ってきました。

朝7時半にご自宅を出発し、JR姫路駅へ。ここで姫路名物「あなご寿司」とワンカップを2つ買い込み、新幹線に乗り換えます。「やっぱりこれがなくっちゃあ」と上機嫌のOさん。お酒はほぼ毎日飲んでるんだそうです。ご本人曰く「ほどほど」飲むのが体にいいんだとか。本当なんでしょうか…。

その後、新山口、厚狭、長門市駅で計3回のお乗換え。比較的ハードな日程でしたが、疲れた様子もなく、予定通り仙崎駅に到着しました。今回のご旅行のお目当ては金子みすず記念館に行く、ということ。地元ガイドさんの誘導で、ゆかりの地をまわった後、念願の記念館で、金子みすずの世界を堪能しました。タクシーでホテルに向かう途中、ずっとみすずさんの話をされるOさん。やはりご自身と世代が近いということもあり、共感を覚えるところも多かったのかもしれません。

写真:女性自身の記者さんに楽しそうに話しかけるOさん

そして実は今回、『女性自身』の記者さん、カメラマンさんも取材という形で同行されていたのですが、そのお二人も加わって、夜は大宴会?となりました。もともとにぎやかな席が大好きなOさん、大好きなふぐ懐石で大満足のご様子。Oさんの女性観など、たくさんのことを教えていただき、とっても勉強になりました。

写真:青海島観光汽船の船内風景。日光がきれいに入る。

二日目はモーニングを食べた後、青海島観光汽船で島巡り。船酔い気味の私を横目に、「揺れが足りないな~」とOさん。Oさんが船酔いしないかと心配していた私がこんな様子では…情けない限りです。

仙石寿司で評判のうに丼を食べた後、仙崎駅からみすず潮彩2号で下関へ向かいました。海が一望できる場所でしばらく停まってくれるこの列車は、観光にぴったり。そしてOさんは例のごとくワンカップを片手に上機嫌でした。「やっぱり旅は最高やね」と一言。

写真:カメラ正面でしたり顔のOさん

小倉でおみやげの辛子明太子を買い、新幹線で帰路に。最後はみんなで缶ビールとワンカップで乾杯しました。来年は奥様が昔大好きだった姫路城の桜を、奥様と一緒に観に行きたいとのこと。どんなおでかけになるのか、私も今から楽しみです。

このページの先頭へ